加齢による夜間頻尿の原因

40代に入ると多くの方が尿の悩みを抱えることになるようです。
中高年男性の頻尿の症状では夜間頻尿が一般的な悩みとなりますが、悩む方が増えてしまうのはそれなりの理由があります。
夜間頻尿とは、夜間にする排尿回数が増えることではなく、就寝時の排尿回数が増えることです。
通常は、就寝中に2回以上の排尿があれば夜間頻尿であるといわれます。
年齢を重ねるごとに夜間頻尿になる人が増えてきますが、その理由というのは抗利尿ホルモンの分泌が加齢によって変化するためです。
人間の体というのは非常によく出来ており、夜間はこの抗利尿ホルモンが作用して、尿の量が増えないよう、尿量を少なくして睡眠を優先させます。
しかし、体の老廃物は就寝中にも排出されていますから、結果的に尿自体は濃くなります。
起床時の最初のおしっこが濃いのはこれが理由です。
しかし、体に長い間水分が留まってしまうとと、今度は加齢により無理が出来なくなった血管に負担をかける結果になってしまいます。
眠れないほどの夜間頻尿であれば当然問題ですが、就寝時の尿が少々増えたえた程度ならば、そのような意味で考えると体にとっては良いのです。

夜間頻尿に悩んでいる人にお勧めのサプリはこちらです