遺族は、引き取り手が亡くなった先、様々なことをしなければなりません。

その一種が、香典返しといえるでしょう。
香典返しは、忌明け返しとも、今日返しとも呼ばれていらっしゃる。

香典返しは、そもそもお通夜やお葬式に参加していただいた側から、受け取った御香典の仕返しをすることになります。

過日であれば、香典返しというのは、「挨拶」についてがありました。

ただし今では、忌明けの挨拶をかねて、御香典をいただいた感謝をすることとなっています。

忌明けというのは、亡くなられたお日様から49お日様後のことです。
但し最近では、お通夜やお葬式の当日に、香典返しをすることが一般的になってきています。

香典返しというのは、仏式のお通夜やお葬式の営みだ。

但し現在では、神式であってもキリスト教範疇であっても、香典返しをすることが習慣になってきています。

神式であれば、「五十お日様祭(霊祭)」の後になります。
キリスト教範疇であれば、「一月後の昇天思い出お日様」の時になります。お葬式の費用を抑えたいならこちら